祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 小児歯科

小児歯科

乳歯が生えてきたら、パパもママもみんなでケア!
乳歯が2本生えてきたら、いよいよ虫歯にしないケアがはしまります!
この時期は虫歯の感染を防ぐことがとても大事。その方法を知るために、パパもママも歯科医院受診を始めましょう!

お口の健康を守ろう!

はじめの一歩は下の前歯

赤ちゃんに始めて乳歯が生えてくるのは、月齢6ヶ月ごろからです。
最初の乳歯は下の2本の前歯(AA)です。
AAが生えてきたら、これから2歳半頃まで次々に生えてくる20本の乳歯を1本も虫歯にしないで育てよう!と決心してください。
乳歯は、その後一勝使う永久歯の健康へと続きます。
将来、きれいで健康な歯を守るための[はじめの一歩]がAAです。

お口の健康を守ろう!

虫歯(カリエス)はひとつの原因でできるのではありません。いくつかの因子(リスク)が重なるとできるということがわかってきています。
歯磨きも、おやつの食べ方も、唾液や虫歯の原因菌も、リスクの中のひとつです。
ひとりひとりの成長発育や、生活環境も視野に入れながら、カリエスリスクを減らしていくことが必要です。
歯科医院と2人3脚で、効果的にそして楽しみながら、上手にお口の健康を守り育てて生きましょう。

虫歯になる作用 歯を強くする作用

ポイント

家族一緒にメインテナンス受診

虫歯になって受診するのではなく、健康を守るために受診することをメインテナンス受診といいます。歯は噛み合わせた顎の発達にも大きく影響します。
赤ちゃんに歯が生え始めたら、家族ご一緒にメインテナンス受診の始まりです。

おやつは毎日決まった時間に

虫歯の原因になる細菌は、砂糖に限らず、パンやご飯、、おせんべいやポテトチップスから、強い酸を作ります。
すると、この酸に歯が溶ける「脱灰」がおきます。食べ終わると唾液によってまた酸は中和されて、歯のミネラルは元に戻る「再石灰化」がおきます。
虫歯を作らないためには、だらだら食べやながら食べをしないことが大切です。

ぶくぶくペーができたら、フッ化物の歯磨剤を

うがいができないうちは、ゆすぐ必要のないフッ素剤を使います。
口すすぎができるようになったら、フッ化物の入った歯磨剤(歯みがき粉)を使いましょう。
フッ化物を積極的に利用すると歯を丈夫にして虫歯になりにくくなります。
フッ化物の種類や濃度、研磨剤の有無、使い方、ゆすぎ方もいろいろです。
ひとりひとりにあった正しい方法を教えてもらいましょう。