祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 軽くて薄い入れ歯

軽くて薄い入れ歯

なぜ?チタンがいいの。

チタンは…。

軽くて強く、耐久性にもすぐれたチタン。
ロケット、航空機等のハイテク分野から、最近は眼鏡フレームやスポーツ用用品など身近なものにまで用途が広がっています。
歯科用金属としても理想の特性を有するチタンですが、量産品と違って患者さん一人一人にピッタリの義歯を作るためには鋳造工程が必要で、
鋳造が難しいというチタンの性質がネックとなっていました。
しかし、この技術な問題も鋳造機や鋳型材の改良で解決。
いよいよ本格的なチタン時代が幕開けします。

やさしい

安定した皮膜に包まれ、金属イオンが溶出しないチタンは、生態親和性に優れ、害を与えないことが証明されています。
そのため、 金属アレルギーなどの心配がありません。

おいしい

金属味がほとんどありませんので、義歯使用による味覚の変化が起こりません。
しかも適度な熱導性があって、食物の暖かさや冷たさを感じられます。

かるい

比重は一般的に義歯に用いられる金合金の約1/4と軽いのがチタンの特長。
重い義歯から患者さんを解放します。

金属床はレジン床に比べ、こんなメリットがあります。

  1. 義歯(特に上あご口蓋部)が薄く装着感が良好。舌の動きも自由で発音が明瞭。
  2. 強靭で破損・変形・たわみが少ない。
  3. 汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい。

装着間が良く、人にやさしいチタン床義歯