祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 審美歯科(詰め物)について

審美歯科(詰め物)

審美歯科

「セラマージュ」はセラミックスとプラスチックを複合した新素材。 天然歯に調和する自然な色調、強度と対向する歯へのやさしさをあわせ持つ理想の材質で、前歯から奥歯まで、あらゆる歯の修復に対応します。
当院では年間200本以上の歯を「セラマージュ」を使用して治療しております。

オールセラミックス/チタンポーセレン

天然歯に最も近い色調と透過性のあるセラミックスと、コンピューターにより純チタンを削りだすチタンポーセレンについての説明です。チタンは軽く強くさびず、人工骨・人工関節、さらにはジェット機の機体やエンジン等にも使われ、人体にもよい金属として期待されています。

歯を長持ちにさせるのにたいせつな土台

当院では金属を使わないグラスファイバー系コア(土台)「ファイバーコア ポスト システム」を採用しています。
コアは歯科用語で「支台築造体(しだいちくぞうだい)」と言い、字のとおり「歯を支える台」のことです。
虫歯になった部分を取り除き、根の治療を行ったあとは、クラウン(かぶせもの)を支える台としてコアを入れる必要があります。