祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 インプラントを長持ちさせる方法

インプラントを長持ちさせるには?

毎日の念入りな歯磨き

最も重要なホームケアが歯磨きです。
「食べたらすぐにみがく」を心がけ、指導された正しいブラッシングをおこないましょう。

歯医者さんでの定期健診

当たり前のことですが、インプラントには神経がありません。
ですから感染が起こっても自覚がありません。
ぐらぐら動いてきたり、膿が出はじめてから気づくのですが、こうなってからでは手遅れです。
治療後は先生の指示に従って必ず定期的に検診を受けましょう。
検診では、インプラントの状態、歯肉の状態、噛み合わせのバランスチェックなど、専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。
また定期健診はインプラントを入れた歯医者さんでしてもらいましょう。
あなたのインプラントのこと、骨の状態、歯肉の状態、お口全体のことなど、インプラント手術を通じてその情報はその歯医者さんがしっかりチェックしてくれます。